虹彩の魔術師




虹彩の魔術師
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1000
【Pスケール:青8/赤8】
(1):1ターンに1度、自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
このターンそのモンスターが相手モンスターとの戦闘で相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
その後、このカードを破壊する。
 
【モンスター効果】
このカードはルール上「ペンデュラム・ドラゴン」カードとしても扱う。
(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「ペンデュラムグラフ」カード1枚を手札に加える。
 
収録パック
ストラクチャーデッキ-ペンデュラム・エボリューション- SD31-JP003 Super
購入はこちら!



ペンデュラム効果
■『①:1ターンに1度、自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。このターンそのモンスターが相手モンスターとの戦闘で相手に与える戦闘ダメージは倍になる。その後、このカードを破壊する』ペンデュラム効果は、チェーンブロックの作られる効果です。(自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する魔法使い族・闇属性モンスター1体を対象に取る効果です。自分のメインフェイズ1にのみ発動する事ができる効果です。)

 
■『このターンそのモンスターが相手モンスターとの戦闘で相手に与える戦闘ダメージは倍になる』処理と、『その後、このカードを破壊する』処理は同時に行われる扱いにはなりません。

 
■『その後、このカードを破壊する』処理は、自分のメインフェイズ1に発動した「虹彩の魔術師」のペンデュラム効果のチェーンブロックの処理にて破壊されます。(その後の戦闘で戦闘ダメージが倍になった際に破壊される効果ではありません。)

 
モンスター効果
■『このカードはルール上「ペンデュラム・ドラゴン」カードとしても扱う』は効果の扱いではありません。

 
■『①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「ペンデュラムグラフ」カード1枚を手札に加える』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。ダメージステップでも発動する事ができます。)

 
■チェーン2以降に発動したカードの効果によって破壊された場合でも、「虹彩の魔術師」のモンスター効果を発動する事ができます。

 
■「虹彩の魔術師」がフィールドで戦闘や効果によって破壊された場合だけでなく、「虹彩の魔術師」が手札やデッキでカードの効果によって破壊された場合にも、そのモンスター効果を発動する事ができます。


 
虹彩の魔術師 裁定 ルール


1

「虹彩の魔術師」のペンデュラム効果を、先攻1ターン目のメインフェイズ1に発動できますか?


Question
先攻1ターン目のメインフェイズ1に、ペンデュラムゾーンに発動した「虹彩の魔術師」の『①:1ターンに1度、自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。このターンそのモンスターが相手モンスターとの戦闘で相手に与える戦闘ダメージは倍になる。その後、このカードを破壊する』ペンデュラム効果を発動する事はできますか?


Answer
先攻1ターン目はバトルフェイズを行う事ができません。

先攻プレイヤーは1ターン目のメインフェイズ1に、「虹彩の魔術師」をペンデュラムゾーンに魔法カードとして発動する事はできますが、その「虹彩の魔術師」のペンデュラム効果の発動を行う事はできません。

 

ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン

「虹彩の魔術師」を「ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の融合素材にできますか?


Question
自分が「ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を融合召喚する際に、その融合素材モンスターとして、「虹彩の魔術師」を使用する事はできますか?


Answer
「ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」は融合素材として『「ペンデュラム・ドラゴン」モンスター+戦士族モンスター』が必要となる融合モンスターです。

「虹彩の魔術師」は、『このカードはルール上「ペンデュラム・ドラゴン」カードとしても扱う』カードとなりますので、「ペンデュラム・ドラゴン」と名のついたモンスターとして、「ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の融合素材モンスターとして使用する事ができます。

 

白翼の魔術師

相手の効果の対象となった自分の魔法使い族・闇属性モンスターの種族や属性が変化している場合、「白翼の魔術師」のペンデュラム効果を適用できますか?


Question
自分のモンスターゾーンに「虹彩の魔術師」「黒牙の魔術師」が表側攻撃表示で存在し、自分のペンデュラムゾーンに「白翼の魔術師」が存在しています。

この状況で、その「虹彩の魔術師」と「黒牙の魔術師」を対象として相手が「ゴッドバードアタック」を発動した際に、さらにチェーンして「DNA改造手術」が発動し、フィールドのモンスターの種族が鳥獣族としてなりました。

この時、「白翼の魔術師」の『①:1ターンに1度、自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスターを対象として発動した効果を無効にできる。その後、このカードを破壊する』ペンデュラム効果を適用する事はできますか?


Answer
「虹彩の魔術師」、「黒牙の魔術師」はどちらも魔法使い族・闇属性のモンスターですが、質問の状況の場合、チェーンして発動した「DNA改造手術」が適用された事で「虹彩の魔術師」、「黒牙の魔術師」はどちらも鳥獣族として扱われる状態となっています。

したがって、この場合、相手の「ゴッドバードアタック」は『自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスターを対象として発動した効果』としては扱われない状態となりますので、「白翼の魔術師」のペンデュラム効果を適用する事はできません。
(この場合、相手の「ゴッドバードアタック」の効果処理は通常通り適用され、「虹彩の魔術師」と「黒牙の魔術師」が破壊される事になります。)
 
遊戯王 公式「虹彩の魔術師」裁定はこちら!


虹彩の魔術師の裁定でした!
虹彩の魔術師を先行で使えるのか知りたいというコメントがあったのでまとめてみました!